「2017年6月」の記事一覧

ディナークルーズをバンコクで楽しむ【チャオプラヤー川からの絶景】

ディナークルーズ

こんにちわ。 バンコク駐在員のブログです。 今日はバンコクの週末をディナークルーズで優雅に過ごすという方に向けて、記事を書いて行こうと思います。 バンコク駐在員がおすすめするのはチャオプラヤー川をクルーズして満喫できるディナークルーズで御座います。 ライトアップされた寺院や橋が川面に移る夜のチャオプラヤー側からの眺めは最高といえるでしょう。 バンコクにバカンスで来るという方にとっては一度でも経験をした方が良い場所なんです。 チャオプラヤー川を行き来するディナークルーズは、高級ホテルが運行する豪華版と、音楽がにぎやかな庶民派と分かれてきます。フナ着場を出発したら上流へと向かい、ワットアルンや王宮を通りすぎラーマ8世橋のあたりで引き返すコースがほとんどです。食事はビュッフェスタイルがほとんどで、バンド付きの賑やかな船も有れば、デッキで静かに夜景を眺められる船もあります。 バンコク駐在員がおすすめするのは ホライゾン・ツー・リバークルーズです。 2階建ての豪華船で夜のチャオプラヤー川をクルーズ出来ます。船首と船尾部分がデッキとなっていて、風に吹かれながら夜景を楽しむ事が出来ます。 なんとも贅沢なディナークルーズ。日本でこのような贅沢をしたら軽く2万円は飛んでしまうでしょう。 こんなセレブな贅沢を出来るのも、バンコクならではの良い所ですよね。 ちなみにお値段が一人2,300B営業時間は19:30-21:30となっていますので、お気をつけ下さい。 お店の番号は02-236-7777です。 今日はバンコク駐在員も久しぶりのディナークルーズに出かけて参ります。 以上バンコク駐在員のブログでした。

バンコクのエンポリアム

バンコク エンポリアム

お久しぶりの更新です。 先日、会社の休みの際にプロンポン周辺を歩いていました。 改装中のはずのエンポリアムにたくさんの人だかりを発見。 まだ改装中なのになんだこの人だかりは!と思い近づくと改装が終わり打ち上げパーティーをしておりました。 さすがエンポリアム!パーティーの規模が違います!通り行く人にワインを渡すし、無料で食事を食べる事も出来るし、なんて盛大なパーティーなのでしょう。 エンポリアムの改装が終わり、とても綺麗に生まれ変わりました。 今まで、エンポリアムが改装中で中に入る事が出来なかったので今は便利に買い物が出来るようになりました。 やはりエンポリアムがないと不便ですよね。 エンポリアム2の工事が早く終わりショッピングセンターの完成が心から楽しみで御座います。

バンコクの不動産会社 評判 【タイ】

バンコクのマンションの写真

さて、久しぶりの更新で御座います。 週末は取引先の方々と日本から出張に来るお偉いさん方々の接待をしておりました。 いやー相変わらずお堅いお仕事で御座います。 久しぶりに一人で羽を伸ばしてゆっくりとした休日を送りたいものですね。 さて、今日は久しぶりの更新ですが、バンコクの不動産屋さんのネタを書かせて頂きます。 先日バンコクのトンローエリアで良い物件がないか探して居ました。 私がバンコクに駐在することになり、早3年の月日が流れようとしております。 始めて駐在員でバンコクに赴任する事になった時、たまたま会社の方から教えてもらった不動産会社にお願いしたのですが、ここがあまりにサービスが悪く本当に困った苦い経験があるのです。 タイの現地企業はこのような対応なのかと感じました。 シーロムにある会社なんでしたがね。 前回の苦い思い出があるので、二度と同じ不動産会社は使いたくなく、他の不動産会社を探していたわけです。 たまたま、スクンビット通りを歩いてたら ある一件の不動産屋さんを見つけました。 スクンビット通りに面したスクンビットソイ49の入り口にある不動産会社。 飛び込みで入ったにも関わらずしっかりと対応して頂き、とても印象が良かったです。 日本に本社を持つ不動産会社でタイにも支店を出したとの事。 親切な対応有り難う御座いました。 以下が私の利用した不動産会社のウェブサイト バンコクの不動産・賃貸アパートは〜スックリビング〜【仲介手数料無料】 今回私が入居したのはスクンビットソイ57にある、マリオットサービスアパートメント。 トンロー駅から徒歩3分程の立地でサービスアパートメントです。メイドサービスや朝食まで付いていてとても嬉しいです。 仕事柄郊外への出張が多い私にとって朝の忙しい時間帯に朝食サービスを受けれる事はとても嬉しい事です。 今回のバンコクの部屋探しはいかに不動産会社の対応によって生活ライフが変わるか思いしらされました。 また明日から仕事頑張っていきます。 また、郊外の工場に頻繁に移動するので、移動時間の時に時間ができたら更新でもします。 では皆様も良いバンコク生活をお送りください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ