CATEGORY

生活

  • 2017年7月2日
  • 2019年3月22日

バンコクでもIphone 8が発売

最近はバンコクでも新型Iphone8の噂が多く流れてきていますね。 私は今Iphone7を使っているのですが、タイ国内で購入した為、日本に出張で一時帰国した際にはSuiacaを使用する事が出来ません。 そうなんです。 日本で発売をされているIphone7とタイのバンコクで発売されているIphone7とでは認識をするチップ?が入っていないので、タイで購入したIphone7を持って日本でSuicaを使おうとしても使えないのです。 バンコクの正規のIphoneを購入するにはApple Store(バンコクではApple Storeがないので、I studio)Iphone7を購入するとすべての端末でSIMフリーです。 この点、日本で購入する場合より便利ですよね。 さらに写真を撮る時のシャッター音もないです。(日本で購入したIphoneは写真撮影の時にシャッター音がなります。) シャッター音は気にならないという方は日本のApple StoreでSIMフリー版のIphoneを購入する事も可能。 もちろんSuicaを使う事もできます。 どちらで購入をするか迷いますよね。   私の場合はバンコク駐在期間が長く、まだ帰任予定もないです。 バンコク駐在期間が長くなりそうな予定の方はタイ現地で購入をしてもよし。 (Iphoneは3年もしたら新たなものに買い換えると思うので、通常の駐在任期期間を考えてもちょうど良いサイクルなのかなと。) 短期出張でバンコク滞在の方は日本のApple StoreでSIMフリーIphoneを購入した方が良いです。 なぜならば、日本に帰った時にSuicaが使えないから。   新しいIphone8は日本では9下旬頃から10月に発売予定かもしれないと。 そしてバンコクの場合は日本よりも発売が遅い国になってますので、11月から12月頃に発売かと思います。 しかも、人気で品切れになりそうなので、普通に店頭でIphone8を見かけるようになるのは2018年の1月から2月ごろなのかなぁっと思っています。 私の場合、日本とタイ国内の両方から給料をもらっているので、Iphone8を購入する場合、タイのクレジットカードで購入するのか、日本のクレジットカードで購入するのか、どちらが一番お得なのかなぁ。 どなたか最善の購入方法が分かる方がいたらコメントお願いいたします! 以上バンコク駐在員のブログでした。

  • 2017年6月18日
  • 2019年4月13日

バンコク不動産会社のおすすめと評判

久しぶりの更新となります。   今回はタイ・バンコク駐在員の教科書の私がタイ駐在中に実体験をした、不動産会社に関して記事にします。   当サイト【タイ・バンコク駐在員の教科書】を初めて読む方は過去記事も是非読んで、読者になってくださいね。   私が初めてタイ・バンコクへ駐在が決まった時、タイ現地で部屋を借りる為に不動産会社へ部屋探しを頼む事になりました。 私が初めて駐在員としてバンコクに赴任となったのは3年前。タイ生活が長くなってきた今現在では、バンコクの立地なども詳しく分かる程生活に慣れてきたものです。   ただ、タイに初めて赴任をする前はどの不動産会社に頼めば良いのか分かりませんでした。原因は事前知識が全くなかったからでした。 たまたま会社の上司の方から教えてもらった不動産会社にお願いしたのですが、ここがあまりに対応が悪く本当に困った苦い経験となりました。   部屋のトラブルで余計な時間や労力を使う事となり、これならばいっそのこと部屋も不動産会社も変えようと決意したのでした。 そんな私もバンコクに駐在となり、早3年の月日が流れようとしております。   タイ・バンコク駐在員の教科書として、読者の方に私と同じ体験はして欲しくないという気持ちから今回の記事を執筆致しました。 私が1年目の駐在時に利用したタイの現地企業は私の予想に反する対応ばかり。シーロムにある会社でしたが、苦い思い出となりました。   前回の二の前にはなりたくない一心で、他の不動産会社を探していたわけです。 当時、私が住んでいた場所はトンローでした。たまたま、スクンビット通りを歩いていたら、ある一件の不動産屋さんを見つけました。   スクンビット通り沿い、スクンビットソイ49の入り口にある不動産会社。 結論は、この不動産会社さんと今でもお世話になる事になります。 日本人セールスの方と相談を行い見学する部屋をピックアップ、そして実際に現地のお部屋を見学する事に。私が利用した不動産会社さんは日本に本社を持つ会社でタイにも支店を出したとの事でした。   親切な対応で、読者の方におすすめ出来る不動産会社さんだった為今回の執筆へ。 今回私が入居したのはスクンビットソイ57にある、マリオットサービスアパートメントです。   私のライフスタイルや通勤エリアを考えた上で、ピンポイントで部屋紹介をしてくれました。 トンロー駅から徒歩3分程の立地でサービスアパートメントです。メイドサービスや朝食までも付いています。   仕事柄郊外への出張が多い私にとって朝の忙しい時間帯に朝食サービスを受けれるのはとても嬉しい事です。 この記事も新たな新居で書いていますが、前回の不動産屋さんとは違いお部屋のトラブルもなく快適そのものに暮らせています。   前の不動産屋さんとどうしても比べてしまいますが、前回の会社さんにはそれ程不満があったという事です。 今回で二回目となるバンコクの部屋探しはいかに不動産会社の対応によって生活ライフが変わるんだと感じました。   また、郊外の工場に頻繁に移動するので、移動時間の時に時間ができたら更新します。 下記が今回私の利用したオススメできる不動産会社のウェブサイトです。 バンコクの不動産・賃貸アパートは〜スックリビング〜【仲介手数料無料】 この記事が読者さんのお役に立てば幸いです。 下記のコメント欄もお待ちしております。    タイ・バンコク駐在員の教科書

  • 2014年8月14日
  • 2019年3月22日

泰・バンコクで洗濯物を出す・コインランドリー

はい。 バンコク駐在員のブログです。 お久しぶりですね。 皆様。 今日は、バンコクで洗濯物を出したい!という時にどうすれば良いのかという事をテーマに記事を書き手以降と思います。 バンコクでスーツの洗濯やアイロンを掛ける時間がないよという方はランドリーサービスをお勧めします。 バンコク市内にたくさんのランドリーサービスのお店があるのです。 例えば、エカマイゲートウェイの地下一階、オフィスメイトのお店がある隣にランドリーサービスのお店があります。 ここに、汚れたスーツやパンツを持って行けば、三日後には綺麗にアイロンが掛けられて、洗濯された状態で戻ってきます。 デリバリーサービス等はやっていないようですが、デリバリーサービスを行っているランドリー屋さんはウェブで調べればたくさん出てきます。 一度調べてみましょう。 このエカマイゲートウェイに入っているランドリー屋さんは多少値段が高めなのが、ネックですね。 その他にはプロンポンとトンローの間にレインヒル(スクンビット47)の一階にあるランドリー屋さんは比較的お値段も安く、リーズナブルな価格設定になっているので、一度足を運んで試してみるのもいいと思います。 以上バンコク駐在員のバンコク、ランドリーサービス情報でした。    

  • 2013年8月6日
  • 2019年3月22日

バンコクの銀行で口座を開くにはどうしたらいいの?

こんばんわ。 今日はバンコクの口座開設情報についてレポートしたいと思います。 まずどうやって、バンコクで個人銀行口座を開設するのか。 旅行者の方々でも口座を開設したいとの事を良く聞くので今回は、私はがタイに駐在する事になった際、とある取引先の若いセールスさんから聞いた話を記事に書きたいと思います。 外国人にとってバンコクで口座開設をするにはハードルが高くなってきました。 3、4年前などは今と比べると緩く、ツーリストビザがあれば銀行口座を開設できてしまったとか、、、 しかし、今のバンコクは厳しい、、、というか正確にいうと、最近厳しくなったんですね。 私の取引先の若者が言うには、約1年数ヶ月前、アソークにあるカシコン銀行(確かソイの17と19の間にあるカシコン銀行です!ほぼ隣り合わせにアユタヤ銀行と並んでいるところです。) そこで、銀行口座を作ったとの事です。 通常は口座を開くのに、ワークパーミットが必要なのですが、(必然的にBビザも) その方はは、ツーリストビザだけで開けました!と豪語しておりました。 その時の銀行員とのやり取り、、、 セールス『口座開設したいです』 銀『二階へどうぞ』 二階へあがる。(ここのカシコンは狭く、銀行口座を作る受付は二階になっています。) セールス『口座開設したいです』 銀『パスポートみせて』 パスポートを見せる。。。 銀『バンコクで働いているのか?それとも学生か?』 若者ははとっさに言いました セールス『学生です』 バンコクで働いていると言うとワーパミを出せといわれる事を知っていたので(その時セールスはワーパミ持っていなかったらしいです。) とっさに学生と答えました。この事が吉とでたのか、銀行員はなにも言わず、もくもくと口座開設手続きに入っていきました。 そして 銀『なにかパスポートの他に身分を証明するものはあるか?』 彼ははたまたま持っていた国際運転免許証を出し、 『これが私の学校の学生証だ』 と言いました。 銀行員はその国際免許証をよく確認せず、もくもくと口座開設の手続きに入りました。(国際免許証に英語でしっかりとドライビングライセンスって入ってるのにな。。。笑) セールス『おぉ これはラッキーだ』彼はは心の中でそうつぶやいたそうです。 そして通帳とキャッシュカードが出来上がりました。 なんと簡単な!所用時間たったの10分! こんなに簡単なのかバンコクよ。。。 キャッシュカードを作る際に、銀『メトロカードにも付ける機能を付けるかい?と しかし、その場合は年会費が高くなるよ』とのこと、 今思うと、この銀行員、ノルマかなんかがあり、少しでもお客さんに口座開いてもらって、カード付帯とか付けさせていたのではないかと。。 ラッキーですね。年会費といっても550バーツです。 あ!あと確か口座開くときの最低預金額1000バーツからでした! こんな感じで、彼が口座開設にいった際はとても緩かったです。 というのも事前にどこの銀行が緩いとかの下調べもした上でいったのですが。 今現在はこのアソークのカシコン、緩いかどうかは分かりませんが、(私が作ったのが1年前なので) ワークパーミットを持っていない方で、口座開きたいという方はチャレンジしてみるのもいいですね。 (ちなみにせめてツーリストビザ持っていないと厳しいと思います。) バンコクの銀行でカシコンが一番緩いと言われています。 と、まぁここで開設できなかったらエージェントに頼むといいと思います。 バンコク自由ランドとかのフリーペーパーに乗っています。 多分彼らはツーリストでも、なんとか口座を開いてくれるよう手続きしてくれるでしょう笑 自力で出来なかったら最後の手ですね。 まぁエージェントに頼むとお金が必要になってきますが。。。 どうしても口座開設したいと言う方は考えてみるのも手ですね。 それではまた更新します。  

>タイ・バンコク駐在員の教科書

タイ・バンコク駐在員の教科書

バンコクで駐在員生活を送っている日本人によるブログです。タイ駐在時に自分が実際に体験をしてきたことをテーマに病気に関すること、買い物、初めての住居探しまで、タイ・バンコクで実体験をしてきたリアルライフをお届けしています。

CTR IMG