MONTH

2017年6月

  • 2017年6月25日
  • 2019年3月22日

ディナークルーズをバンコクで楽しむ【チャオプラヤー川からの絶景】

こんにちわ。 バンコク駐在員のブログです。 今日はバンコクの週末をディナークルーズで優雅に過ごすという方に向けて、記事を書いて行こうと思います。 バンコク駐在員がおすすめするのはチャオプラヤー川をクルーズして満喫できるディナークルーズで御座います。 ライトアップされた寺院や橋が川面に移る夜のチャオプラヤー側からの眺めは最高といえるでしょう。 バンコクにバカンスで来るという方にとっては一度でも経験をした方が良い場所なんです。 チャオプラヤー川を行き来するディナークルーズは、高級ホテルが運行する豪華版と、音楽がにぎやかな庶民派と分かれてきます。フナ着場を出発したら上流へと向かい、ワットアルンや王宮を通りすぎラーマ8世橋のあたりで引き返すコースがほとんどです。食事はビュッフェスタイルがほとんどで、バンド付きの賑やかな船も有れば、デッキで静かに夜景を眺められる船もあります。 バンコク駐在員がおすすめするのは ホライゾン・ツー・リバークルーズです。 2階建ての豪華船で夜のチャオプラヤー川をクルーズ出来ます。船首と船尾部分がデッキとなっていて、風に吹かれながら夜景を楽しむ事が出来ます。 なんとも贅沢なディナークルーズ。日本でこのような贅沢をしたら軽く2万円は飛んでしまうでしょう。 こんなセレブな贅沢を出来るのも、バンコクならではの良い所ですよね。 ちなみにお値段が一人2,300B営業時間は19:30-21:30となっていますので、お気をつけ下さい。 お店の番号は02-236-7777です。 今日はバンコク駐在員も久しぶりのディナークルーズに出かけて参ります。 以上バンコク駐在員のブログでした。

  • 2017年6月23日
  • 2019年3月22日

バンコクのエンポリアム

お久しぶりの更新です。 先日、会社の休みの際にプロンポン周辺を歩いていました。 改装中のはずのエンポリアムにたくさんの人だかりを発見。 まだ改装中なのになんだこの人だかりは!と思い近づくと改装が終わり打ち上げパーティーをしておりました。 さすがエンポリアム!パーティーの規模が違います!通り行く人にワインを渡すし、無料で食事を食べる事も出来るし、なんて盛大なパーティーなのでしょう。 エンポリアムの改装が終わり、とても綺麗に生まれ変わりました。 今まで、エンポリアムが改装中で中に入る事が出来なかったので今は便利に買い物が出来るようになりました。 やはりエンポリアムがないと不便ですよね。 エンポリアム2の工事が早く終わりショッピングセンターの完成が心から楽しみで御座います。

  • 2017年6月18日
  • 2019年4月13日

バンコク不動産会社のおすすめと評判

久しぶりの更新となります。   今回はタイ・バンコク駐在員の教科書の私がタイ駐在中に実体験をした、不動産会社に関して記事にします。   当サイト【タイ・バンコク駐在員の教科書】を初めて読む方は過去記事も是非読んで、読者になってくださいね。   私が初めてタイ・バンコクへ駐在が決まった時、タイ現地で部屋を借りる為に不動産会社へ部屋探しを頼む事になりました。 私が初めて駐在員としてバンコクに赴任となったのは3年前。タイ生活が長くなってきた今現在では、バンコクの立地なども詳しく分かる程生活に慣れてきたものです。   ただ、タイに初めて赴任をする前はどの不動産会社に頼めば良いのか分かりませんでした。原因は事前知識が全くなかったからでした。 たまたま会社の上司の方から教えてもらった不動産会社にお願いしたのですが、ここがあまりに対応が悪く本当に困った苦い経験となりました。   部屋のトラブルで余計な時間や労力を使う事となり、これならばいっそのこと部屋も不動産会社も変えようと決意したのでした。 そんな私もバンコクに駐在となり、早3年の月日が流れようとしております。   タイ・バンコク駐在員の教科書として、読者の方に私と同じ体験はして欲しくないという気持ちから今回の記事を執筆致しました。 私が1年目の駐在時に利用したタイの現地企業は私の予想に反する対応ばかり。シーロムにある会社でしたが、苦い思い出となりました。   前回の二の前にはなりたくない一心で、他の不動産会社を探していたわけです。 当時、私が住んでいた場所はトンローでした。たまたま、スクンビット通りを歩いていたら、ある一件の不動産屋さんを見つけました。   スクンビット通り沿い、スクンビットソイ49の入り口にある不動産会社。 結論は、この不動産会社さんと今でもお世話になる事になります。 日本人セールスの方と相談を行い見学する部屋をピックアップ、そして実際に現地のお部屋を見学する事に。私が利用した不動産会社さんは日本に本社を持つ会社でタイにも支店を出したとの事でした。   親切な対応で、読者の方におすすめ出来る不動産会社さんだった為今回の執筆へ。 今回私が入居したのはスクンビットソイ57にある、マリオットサービスアパートメントです。   私のライフスタイルや通勤エリアを考えた上で、ピンポイントで部屋紹介をしてくれました。 トンロー駅から徒歩3分程の立地でサービスアパートメントです。メイドサービスや朝食までも付いています。   仕事柄郊外への出張が多い私にとって朝の忙しい時間帯に朝食サービスを受けれるのはとても嬉しい事です。 この記事も新たな新居で書いていますが、前回の不動産屋さんとは違いお部屋のトラブルもなく快適そのものに暮らせています。   前の不動産屋さんとどうしても比べてしまいますが、前回の会社さんにはそれ程不満があったという事です。 今回で二回目となるバンコクの部屋探しはいかに不動産会社の対応によって生活ライフが変わるんだと感じました。   また、郊外の工場に頻繁に移動するので、移動時間の時に時間ができたら更新します。 下記が今回私の利用したオススメできる不動産会社のウェブサイトです。 バンコクの不動産・賃貸アパートは〜スックリビング〜【仲介手数料無料】 この記事が読者さんのお役に立てば幸いです。 下記のコメント欄もお待ちしております。    タイ・バンコク駐在員の教科書

>タイ・バンコク駐在員の教科書

タイ・バンコク駐在員の教科書

バンコクで駐在員生活を送っている日本人によるブログです。タイ駐在時に自分が実際に体験をしてきたことをテーマに病気に関すること、買い物、初めての住居探しまで、タイ・バンコクで実体験をしてきたリアルライフをお届けしています。

CTR IMG