タイ・バンコク駐在員の教科書

  • 2021年2月25日

バンコク駐在員の給料・給与の仕組みを大公開!

バンコク駐在員の給料は? 一般的に企業に勤務する従業員の給与体系は、本給と役職、世帯主、家族手当などが合算された金額が給与として支払われますが、多くの企業は本給が大部分を占めて役職や扶養家族の人数によって手当の額が加算されます。これは国内勤務に限ることで、海外駐在の場合は給料の中身はどうなっているのでしょうか。 海外駐在になると給料が倍になるという話を耳にすることがありますが、海外駐在員だからといってそこまで優遇する企業はありませんし、もしそうであれば海外駐在希望者が殺到してしまうのではないでしょうか。しかし、駐在員はそれに近い恩恵を受けているのは事実です。   給与の明細 駐在員が受ける恩恵は企業によって異なりますので、一概にいえることはできませんが、一般的に日本の企業は海外駐在者に対して住居と家族の手当は欧米の企業と比べて手厚く支給されます。欧米の企業は実力主義ですので、本給や役職手当等はポジションによって大きな差がありますが、家族手当などはそれほどではありません。日本の企業の場合は特に海外駐在者に対して、家族手当が手厚く支給される傾向があります。これは海外で安全に暮らして欲しいという家族主義的な発想が日本の企業にあるのかも知れません。給料が倍になることはないにしても、帯同する家族の人数によってはかなりの金額が支給されます。   現地の物価から受ける恩恵 さらに、バンコクの駐在員が恵まれているのは日本とタイの物価の差です。支給される給与の手当も国内勤務者よりも多く、日本と比べて物価が安いタイでは生活費も異なってきます。食費は日本食ばかりになると日本よりははるかに高い金額になりますが、その他の生活費は非常に安いので給料が50%くらい増えた感覚になります。それに手厚い家族手当などを含めますと給料が倍になるということもありえます。これがシンガポールや香港のように、日本並みやそれ以上に物価の高い国ではそこまで企業も補填はしてくれないでしょうし、タイが駐在天国といわれる所以はそこにあるのかも知れません。   駐在員全員の給料が高いか   バンコクの日本人駐在員全員がそのような恩恵を受けているのかというとそうでもありません。これらの恩恵を受けているのは、製造業や商社、金融、建設関係で特に大企業が多く中小や零細企業は同じような手当てを受けることはできません。また、小売業等では家族が居ても単身赴任が多く、手厚い家族手当は望めません。これは、企業の費用負担を軽減する意味もありますが、元々転勤の多い業種で勤務地がバンコクに限らず新しい店舗ができた時に異動の可能性があるので身軽に動きやすいための措置です。     駐在員の給料でバンコクの暮らし   今まで述べてきましたように、日本の企業は帯同する家族に対して手厚い手当を支給する傾向がありますが、その分バンコクで数段上の暮らしができるは家族の状況にもよります。 学校に通う子供がいる場合は、殆どが日本人学校やインターナショナルスクールに通うことになり、比較的学費の安いインターナショナルスクールは授業が英語になりますので、多くの子供たちは日本人学校に通いますが、初年度は入学金を含めて100万円以上の学費が必要です。また、日本では奥様が働いていたとしてもタイのビザでは就労は許可されません。 さらに、毎日日本の食材だけの食事をしていますと大変な金額になってしまいますので、所得が増えも、上手に生活することが必要ではないでしょうか。   このように、日本で働いていた時よりも手当は増え、食費を除く生活費の出費は減りますが、赴任する時の家族の状況にもよって支出が増える場合もありますので、一概に駐在員全員が恩恵を受けているわけではありません。

  • 2021年2月13日

【ビジネス的視点】タイ・バンコク駐在員の気になる行動エリアとは?!

タイには約7万人の日本人が在住するといわれ、そのうち約5万人が首都バンコクで暮らし、ほとんどが日本の企業から派遣された駐在員とその家族です。では駐在員とはどのようなエリアでどのような暮らしをしているのでしょうか。 駐在員の仕事エリア バンコク及び周辺には多くの日本企業が進出していますが、企業の業種や職種により勤務するエリアはさまざまです。企業の多くはバンコクの中心部のシーロムなどにオフィスを構え、商社や銀行などの駐在員などはバンコクのオフィスに勤務していますが、自動車や機械、電気などの製造業の駐在員の多くはバンコク周辺の工場に勤務しています。 工場は賃借して自社工場を保有する企業もありますが、多くはタイの工業団地に入居しています。代表的な工業団地としてはバンコクの北部のパトゥムタニ県のアマタナコンやチョンブリ県アマタシティ・チョンブリ、ラヨーン県のアマタシティ・ラヨーンなどがあります。 海外の企業がバンコク周辺の工業団地に入居する理由は、タイ最大の貿易港のレムチャバン港が近くにあり、タイの経済・商業の中心地バンコクにも近いという理由です。これらの工業団地に入居しているのはほとんどが外国企業で、その中でも日本企業が一番多く、これまでは日本を含む多くの海外企業がタイに進出してきましたが、長く続くバーツ高や人件費、物価上昇などにより固定費が増加して企業にとってメリットなくなり、販売不振などの影響もあり工場の撤退や他国への移転などで工業団地の入居が減少しているため、工業団地の募集広告が目立ちます。 駐在員の住居エリア バンコクで外国人が多く暮らすエリアとしては、バンコクの中でも高級住宅街といわれるシーロムやルンピニ公園周辺、スクンビットなどですが、日本人に関してはスクンビットのアソークから東側のエリア、特にプロンポンやトンロー周辺にはたくさんの日本人が暮らしています。その理由は、このエリアには日本食レストランやスーパーマーケット、日本語の通じる病院や薬局などがあり日本とさほど変わらない生活ができる事と、家族帯同で学校に通う子供がいる場合は日本人学校が比較的近いことです。駐在員はオフィス勤務であれば通勤は比較的楽ですが、工場勤務でチョンブリ県やアユタヤ県、さらにロッブリー県などに工場がある企業では最大2時間程の通勤時間を要しますので、単身であれば近くに住むことができますが、家族帯同となると通勤だけでも大変な苦労です。 また、ラヨーン県のアマタシティ・ラヨーンやピントンなどチョンブリ県の中部以南の工業団地に勤務する駐在員は比較的勤務地から近いシラチャに在住します。この街も周辺の工業団地に多くの日本企業が進出していますのでバンコク同様にたくさんの日本人が住み、日本人の生活に便利な施設や日本人学校などもあります。バンコクの日本人学校は世界で最も生徒数が多いといわれ、シラチャにもあることから、タイにはたくさんの日本人がタイで働いていることが分かります。 駐在員の娯楽エリア 駐在員の娯楽というと仕事帰りに会社の人たちとの食事や休日を利用してのゴルフなどです。食事をするエリアは日本企業のオフィスが多いシーロム周辺や、住居に近いスクンビットエリアの日本食レストランや居酒屋などで、そのスタイルは日本で働いていた時と同じ様です。 また、休日を利用してのゴルフも同様に会社の人たちや日本からの出張者などと一緒にプレーすることが多いですが、バンコクの東側が住む人たちが多いので、スワンナプーム空港近辺にあるゴルフ場か、チョンブリ県などのゴルフ場を多く利用されます。   このようにバンコクの駐在員の行動するエリアは、仕事は勤務する企業によってさまざまなエリアに分かれますが、住居や娯楽などは限られたエリアの中で行動されています。

  • 2021年1月23日
  • 2021年1月7日

バンコクでの生活情報を集める為に

バンコク駐在員のブログは参考に バンコクへ駐在することになったら、まず当サイトのような駐在員のブログをチェックするようにしましょう。 バンコクの現地情報がリアルにわかるので、とても参考になります。 やはり実際に経験している方の現地情報はリアルですし、ネットで調べても限られた範囲でしかわからないので、ブログを書いている方は最近のバンコクの情報を掲載なさっているので、とてもわかりやすくなっています。 特にブログでは、バンコクの気候や天候、子育て情報や日本から持っていくべき物など色々と紹介されているし、引っ越す前にブログを読んでいると参考になるので、事前に準備しておくとバンコクでの生活にかなり役立ちます。 バンコクの情報収集ができる駐在員のブログ! やはり最近の情報を提供している駐在員ブログは、日々の過ごし方、生活の仕方がわかるので、参考になります。 子供さんがいる場合、現地の情報はとても有効になります。例えば日本人学校へ通っている場合、持っていくべき物などは日本人学校の公式サイトに掲載がありますが、他にも何か持っていくべき物があるかどうか、あったら便利なものなど色々とわかります。 例えば、日本の問題集や辞書、ピアニカ、上履き、ノートなど細かい物まで色々と詳しく書いている方もいらっしゃるので、子供がいる場合には、現地の情報も踏まえて、子育てに役立つ内容が具体的に書かれているケースもあり、とても分かりやすいです。特にバンコクでは日本人学校へ通う場合、問題集や本など気軽に日本にいた頃のように購入するのは無理なので、通信教材の手配をしたり、送料のチェックや本の購入の仕方など、色々と調べておくことで安心した生活をバンコクで送ることができます。 駐在員の方は家族で滞在するケースが多いので、住まい環境や子育て、スーパーマーケットなど、色々とブログに紹介していることも多々あります。けっこう日本のお弁当箱は重宝するので、機能的ですし持っていくと良いなどブログに記載されていることがあります。こうした日常生活の中で必要なものを再発見することができるので、役立つ情報が満載です。 バンコクで愛用されているアプリなど バンコク駐在員のブログの中では、やはり現地で生活している様子がわかるので、とても楽しいですし、お得な情報も満載です。 スマホのアプリはバンコクで愛用されているのは、どういうものが多いのかなど、詳しい内容がわかるので、とても参考になります。チャトゥチャックのアプリはバンコクで愛用している方が多く、店舗検索もできるし、お店やトイレの位置なども検索することができるので、バンコク市内を歩いている時、トイレ探しで困ったらチャトゥチャックのアプリですぐ近くのトイレを見つけることができるのは、何かと心強いはずです。国によってトイレ事情も大きく違うので、マナーなどもブログから学ぶことができますし、そうした日常生活のことはチェックすることができます。 例えば、バンコクで美味しいタイ料理店など紹介していたり、食べ方やマナーなど様々なことを駐在員のブログでは記載されているので、読んでいるとワクワクしますし、中身が充実してるので、次の更新が待ち遠しいと感じることも多々あります。 やはりバンコクの現地情報は新鮮ですし、欲しい内容が色々とチェックできるので新鮮に感じるはずです。生活の中でスーパーやトイレ、公共交通機関や病院など、日常生活に必要なことを色々と生活スタイルがわかるので、どのようなライフスタイルになるのか、駐在員の方の生活が色々とブログを通して把握することができるのは嬉しくなります。 最新情報なのでバンコクの駐在員の生活として参考にすることができます。事前にこうした駐在員の生活を把握しておくことで、駐在する際には何が必要になるのか、前もって準備することができますし、じっくりブログを読んでおくと参考になります。

  • 2021年1月16日
  • 2021年1月7日

バンコク 駐在員の住まい事情は?

駐在員がどういう生活をしているか バンコクの駐在員がどういう生活をしているのかどうかと言う事は興味を持っている人たちも多いと思いますが、その国に住むのでしたらやはり先輩などでその国で生活をしている人たちのブログなどを見て、そこから情報得ていくのも良いかもしれません。 また話を聞いていくのも良いかもしれません。 またその国で実際に生活をしてみないとわからないことなどもあるわけですから、海外に行くわけですからそのあたりのところも慎重に見ておいた方が良いでしょう。 バンコクの駐在員の住居について タイの中でも特に多くの日本人が駐在するバンコク。バンコクは、日本食のレストランや日本語が通じる施設日なども多いのである程度は安心していけるイメージがあります。 同じアジアということもあって同じアジア人としては安心できるイメージがあるかもしれません。 住居についても皆さんがどのようなところで生活をしているかと言う事は下調べをしておいた方が良いでしょう。 安心できる生活を送っていくためにもある一定の期間はそこで暮らしていくことになるわけですから適当な考えで選んではいけません。 アパートが実は一番人気 単身赴任で駐在する方はもちろん、家族連れのバンコク駐在員にも人気が高い住居物件は、アパートです。バンコクのアパートはワンオーナー制であることが多く、問題があったときにもすぐに対応してくれることもあるので、実はアパートが1番人気があるわけです。 アパートが1番人気があるので、こちらを選んでおいた方が良いと思います。 慣れない仕事を任されるわけですから、精神的な面を考えても大変な思いをしていかなくてはいけないことになると思いますが、あまり気負いしすぎないようにして、努力するところは努力しておいた方が良いと思います。 アパートというとはっきり言うと日本ではお金がない人たちが住むところという感じですが、向こうではたくさんの人たちが暮らしているところでもありますし、そのような考え方でもないようです。 バンコクで駐在員として暮らしていく人たちはどういう人たちか バンコクの駐在員は、独身の方や単身赴任の方、夫婦や子供連れの方など、家族構成もさまざまで、どの割合が1番多いのかと言うこともデータとしてないみたいなので、本当にたくさんの種類の人たちが暮らしていると言う風な考え方でいいのではないかと思います。 どれが1番多いかと言う考え方でもないようです。 色々な方たちがいるので、例えば先輩などで、先に暮らしている人がいればその人の意見なども参考にしておくと良いでしょう。 直接聞いてみてどうだったかと言うことなど、住んでみなければわからない人などもいるわけですから、直接聞いて感想などを聞いておくと良いと思います。 ここで暮らしてみて大変なことなどもあるでしょうけれども、実際に暮らしてみなければわからないわけなので色々と聞いておいたほうがいいと思います。 単身赴任の場合はサービスアパートがおすすめ サービスアパートというのは、一般的なアパートに付加価値を付けたサービスアパートで、掃除やベッドメイキングなどのサービスを利用することができるため、アパートも人気がありますがこちらも人気があります。 単身赴任で駐在期間が数ヶ月程度という方は、サービスアパートがおすすめです。 ベッドメイキングや掃除などのサービスが受けられるため、出張中にホテルに滞在している感覚で過ごすことができて良いと思うのでこちらを選んでおいた方が良いでしょう。 そうすればホテルに泊まっている感覚で気兼ねなく毎日を過ごすことができると思います。 ホテルに泊まっていると言う感覚を味わうことができるのが人気の秘密なのではないかと思います。 日本の良さなどもできれば浸透させていくことができれば日本人としてもいいと思います。ば

  • 2021年1月9日
  • 2021年1月3日

バンコクの駐在員の給料はどうなの?

バンコクに駐在員として滞在している日本人は、かなり多いです。 タイの日本人学校はバンコク校とシラチャ校があり、小学部から中学部までの教育を受けることができます。 日本人でバンコクに駐在員として滞在することになり、ご家族も一緒に海外駐在することになったら、まずお子さんが小学生から中学生までの学年でしたら、こちらの日本人学校へ編入の手続きが必要になります。 入学金やスクールバスの費用など、会社から手当がでるので、駐在員の給料の中に含まれることになります。また、駐在する際には、住居手当や付帯する家族の語学学校の補助費用など、色々と生活する上で必要な費用は給料に手当として含まれることになります。 上限が決まっているため、その手当は会社によっても違いがありますし、しっかりと把握しておくことが重要です。住居費用の手当もですが、お手伝いさんとしてハウスクリーニングなど行う方を雇う時に補助も手当になることもあります。 また、日本に帰省する際の旅費は年に1回は手当として家族も含み支給されるケースが多いです。その際には、旦那様も一緒に帰国する必要があるなど、子供さんと奥様のみの帰省は手当の対象外になることもあるため、ご利用時には確認しておくべきです。   バンコク 駐在員の暮らしは? バンコク駐在員の給料は、基本給も海外勤務手当として色々と給料に反映されるので、日本で働くよりお給料は高くなることが一般的に多いので、バンコクでの生活は潤うはずです。 買い物の際にも色々と日本とはシステムが違うので、銀行口座を開設したり、タイの日本人大使館へ行き、手続きが必要になりますが、これも会社を通して通訳の方を紹介して下さるなど、駐在する上で必要な手続きが必要になるため、その際も会社を通してサービスを受けることができます。 タイの病院を利用する際も健康保険証などタイで医療を利用する際のサービスを受けることができるため、その辺も海外勤務する際には利用することができます。 バンコクの駐在員は、医療・子供の学校・普段の生活のサポートなど、様々なことに関してしっかりサービスが充実しているため、安心して生活することができます。駐在する前には、説明会などもあるため参加して必要な手続きな確認しておきましょう。 バンコク 駐在前に準備をしておくことは? お子さんがいる場合には、バンコク日本人学校で使用している教科書など指定の機関へ取りに行ったり、日本のノートやハーモニカなど色々と事前に持っていくものを準備しておく必要があるため、日本人学校のウェブサイトから確認しておくと手続きする際にスムーズにできます。 また、日本在住時に手続きしておくべきことがあったら、海外在住する際の手続きも含め、色々と手配が必要になります。 引っ越しも会社側で業者を紹介され、またタイへいく前に予防接種なども必要になります。その際の費用も会社が負担してくれますし、ご家族の語学研修として事前に英語など学ぶこともできるので、駐在員として滞在する前に受けるサービスなどはチェックして活用しておくべきです。 駐在する前の費用として事前に手当が出るので、それを利用してバンコクへ駐在する前に準備しておくと安心できます。給料に色々な手当が含まれて支払われるので、かなり満足できるはずです。 バンコク駐在員は、日本で働いていた時より手当がけっこう付くので、給料はアップする傾向にあります。駐在員として滞在する機関は決まっていないかもしれませんが、国の状況によっては早めに帰国することもありえますし、会社側が色んなサポートが充実しているので、しっかりと理解しておくと安心してバンコクでの駐在員生活を満喫しながらライフスタイルが整います。 タイは日本人の駐在員も多いので、日本人コミュニティーも多数ありますし、交流を広げていくのも楽しくなります。

  • 2021年1月2日
  • 2020年12月31日

バンコクの駐在員の生活費としてどうしていけばいいのか

外国に駐在員として生活している人たちにとっては生活費をどのように出していけばいいかと言う事は難しい問題になってくるのではないかと思います。 大体生活費はどれぐらいかかるのだろうかと言う話からですが、生活費や住む国や地域によって、また同じ国や地域であっても生活スタイルなどによって異なってくるので実際に生活費がどのくらいかかるかと言う事は難しいことになってきます。 バンコクの毎月の生活費は大体十万円ぐらいだそうです。 バンコクの生活費は十万円ぐらい? 大体いろいろな人たちのブログや話などを聞くと生活用品等合わせて生活費は100,000円位だそうで 特に趣味などを持たない人は余ったお金は貯蓄に回した方が良いのではないでしょうか。 待遇は会社によって大きく異なる 勤めている会社によって大きく違ってくるのではないかと思います。 東南アジアの駐在になれば広い部屋やプールなどが付いている所にも住むことができるらしいですし、こういう夢が見れるような場所に住むことができる駐在員も中にはいるそうです。 海外駐在とは一般的に、日本の会社に入社後、海外転勤を命じられて一時的に海外で暮らしながら働くことを指します。 どんな職種においても会社の命令で海外に転勤したのであれば海外駐在員と言われるようになるので、その会社が命令としてその国へ行ってくれないかと言うことで送り出されると言うことになるわけです。 つまりそのような会社に勤めていく必要があるわけですし自分から進めてなろうと思えばそのような会社に勤めようと思えば勤めることができますが自分の中で自分が行きたいと思っていた国に行けるように、思い通りにいくかどうかと言う事はわからないわけです。 海外駐在員は給料が高いところも中にはあるみたいです。 海外駐在員はどのような仕事をしていくか 日本の会社の海外支店に駐在すると、本社の意向を現地の従業員に伝達し、統率する役割を担うことが多いようで、つまり日本で勤めていた時も責任が重大のポジションに外国で勤めていくと言うことになるようなので、それは行く前から心の準備をしてから言っておいた方が良いでしょう。 また日本ではない海外の国に行くと言うこともしっかりと考えてから出かけておいた方が良いとは思いますし、日本ではことが済むようなことでも海外では、色々と法律等が違いと言うことがあるので、日本にいるような感覚で気軽に仕事ができると言うわけでは無いわけです。 また街を歩くときも日本にいるような感覚で気軽に街を歩けると言うわけでは無いようです。また、それはどこの国によってもそうですが、その国によってその国の良さというのがあるものですから、そのうち住んでいるうちに慣れていくことができるかもしれないですが、生まれた場所が日本であり、大人まで日本で生活をしてきた人にとってはいきなり生活していく環境が変わっていくわけですから、大変なことになってきてしまうかもしれません。 生活費をきりつめていくには、どうしたらいいか 生活費を切り詰めていく方法も考えなくてはいけません。それはとても大事なことです。しかしそれは日本とも変わらないような気がしますし日本でも貯金をしている人にとっては、日本でもしっかりとした貯金をしていくことができるわけですしそれはどの国にいても心構えと言うものはあんまり変わらないものなのではないかと思います。 やはりその国によって日本とは違った貯金の仕方と言うものがあると思います。特に、バンコクならではの生活風景を考えた上で貯金していけるようにしていかなくてはいけないのではないでしょうか。 バンコクは、生活費もそこまでかかるわけではないので貯金もしていきやすいと思います。 バンコク駐在員として生活費のため方は 大体バンコクでは生活費は十万円程度が平均のようなのでそこまで高い金額では無いような気がします。 海外で暮らしていくと言う事は精神的には日本とは疎遠の生活をしていると言うことにもなるので、日本の雑誌などを買っている人にとってはもしかしてはやめる良い機会かもしれません。 つまり日本製のもので持ちが悪いなと思っていたものや、日本のグッズなどもこれを機械にやめて現地で売っているものばかり買うようになると、貯金をしていくことができて良いかもしれません。 生活費も自分の気持ちの持ちようで、貯金していきたいと言うような気持ちがあれば、生活費を削っていくことができると思いますしいらないものなども見つけていくことができると思います。 赴任前に英会話レッスンが50時間ほど組み込まれる会社が多い 帯同家族にも付与されるらしいので、赴任前にこちらでしっかりと勉強をしていけば英語に関してはしっかりと自信を持ちながらやっていくことができるようになるのではないでしょうか。こうしたレッスンにおいて、学ぶこともできる良い機会だと思います。 バンコクという国はどういう国なのか バンコクはタイの首都で、豪華な装飾を施した寺院、活気に満ちた街の人々の暮らしで知られる大都市です。たくさんの船が浮かぶチャオプラヤー川を中心に運河網が張り巡らされています。この川は豪華な王宮があるラッタナコシン地区、神聖な寺院のワットプラケオへと通じています。近くには巨大な涅槃像があるワットポーなどがあります。 物価が日本と比べてみるとかなり安くて、それはアジアは日本と比べれば物価が安い国はかなりあるのですが、バンコクは、五万円出せばプールとジム付きの家に住めて、十万円出せば映画シアターがついている家に住めるらしいです。 これだけ考えてみれば非常に夢のある国で暮らしていくことができると言うような考え方もできるのではないでしょうか。 日本人は7万人がタイで暮らしている 平成20年には海外在留邦人が7位だったタイ。年々移住者が増加しており、いまでは第4位にまで上昇していて 日本人では7万人の人たちがタイで暮らしているらしいです。 在留邦人数は7万人以上もいるとは驚いてしまいました。

  • 2019年11月3日
  • 2021年2月2日

バンコクのビザの取得方法が変わった?現在のビザの取得方法とは?

タイのバンコクと言えば日本人にとても人気な国ですよね。多くの日本人が住みやすい、離れたくないと思う程なのだとか。日本人にとってはとても住み良い街です。しかし最近、タイの観光ビザの取得が難しくなっていることをご存知ですか?そして2019年2月にはタイの観光ビザ取得方法が変更されました。では現在のビザの取得方法は一体どんな方法なのでしょうか?この記事はタイのビザを取得しようとしている人向けの記事になります。ぜひ最後までご覧下さい。 「タイのビザの取得方法」 そもそもタイのビザはどこで取得するのでしょうか?タイのビザはタイ以外の国で取得が可能になります。また取得しやすい国というものがあり、現在はラオスのタイ大使館やマレーシアのタイ大使館が取得しやすいと言われています。しかしその時々で変わっていくため、しっかり下調べをした方がいいと思われます。しっかりとチェックしておきましょう。 「2019年のビザの取得方法」   さて、2019年のビザの取得方法について紹介していきます。2019年現在では出発希望日より1週間前にツアー会社へ申し込みをすることにより、タイ大使館の整理券番号を取得します。2019年2月からはこの整理券番号が無いとビザを取得できないようになりました。またビザの取得方法ですが、個人ではなく、団体のピザ取得ツアーに参加するのがおすすめです。ビザ取得ツアーをやっている会社を事前に調べておくといいでしょう。また、ビザように写真が必要なのですが、笑顔、メガネ、帽子が禁止されており、髪の毛で顔を隠すと無効になってしまいます。また背景は白色以外は受け付けていないそうなので、予め知っておいた方が良いでしょう。ビザの取得方法が変わったとはいえ、ツアーに参加していれば搭乗員さんに質問できますし、良くないところがあれば指示してくれますので、できる限りツアーに参加するようにするといいでしょう。 「まとめ」 いかがでしたか?タイのビザの取得方法について分かりましたでしょうか?ここでの注意点としては、ビザの取得方法が変わった点です。以前にタイに言ったことのある人は特に間違えないように注意しておかなければなりません。もしどうしても心配だという方がいたら、ツアー会社へ電話してみるといいでしょう。しっかりとアドセンスをしてくれると思いますので、間違えないように注意しながら用意をしましょう。正しくビザを取得して楽しい旅行にしていきましょう。

  • 2019年11月1日
  • 2019年10月20日

実際はどんな感じ?バンコクの移住生活について

タイのバンコクは日本人に人気の移住先です。物価が安く親しみやすいことが人気の理由ですが、仕事でバンコクに赴任してそのまま住み続けているという人も多くいます。 実際にタイに移住した人たちに話を聞いてみるとバンコクはとても住みやすいという声が聞かれる一方で元気に馴染めず移住を諦める人もいます。実際のバンコクの移住生活はどのようなものなのでしょうか。 バンコクの住まいは日本よりも広くて快適 移住生活で重要なポイントが現地で生活する住宅です。快適な住まいがなければ理想的な移住生活は送れません。 韓国に移住する日本人の多くは日本で言うところのマンションにあたるコンドミニアムで生活しています。バンコクのコンドミニアムは高級物件からリーズナブルな庶民向け物件まで色々とランクがありますが、日本人移住者向けとしてはアッパーミドル以上の物件が人気です。 バンコクは年々不動産相場が高騰していますが、東京に比べればまだまだ相場は安く高級コンドミニアムでもかなりリーズナブルな価格で借りられます。手相は異なりますが築10年以内で駅から徒歩十分、高級家具付きプール付き、リビング10畳以上の3LDK物件が月額6万円程度で借りられます。 高級物件は監視カメラやガードマンなどセキュリティも充実しており海外生活に不慣れな人でも安心です。住まいは移住生活の基本なので群読のいく物件を選びましょう。 交通事情について   バンコク市内は鉄道網が整備されているので交通利便性については問題ありません。通勤時間帯はラッシュになりますが東京に比べれば程度は軽く、日本の満員電車に慣れている人なら全く問題にならない程度です。 一方道路事情については決して快適とは言えません。以前から交通渋滞が社会問題となっていたバンコクの道路事情ですが近年の急速な開発と相まって渋滞がさらに悪化しています。朝夕のラッシュ時には全く動かないと言っていいほどひどい混雑になることもあり、日常の足として車を使うのはためらわれるレベルです。 運転マナーも決して良いとは言えず、歩道を渡るだけでもヒヤヒヤするほどです。最初は戸惑っていた日本人も慣れてしまうものですが、自動車中心の生活をイメージしている方は考え直すことをおすすめします。 食事について バンコクでは外食がとても充実しています。タイでは家庭内で調理する習慣があるのでキッチンは設備は充実していますが、安くて美味しい飲食店がたくさんあるので自炊するより外食した方が安いレベルです。 タイ料理は日本人に好まれる味付けの料理も多くエスニックが好きな方なら恵まれた食生活が送れます。 最近は日系の飲食店も増えており和食好みの人でも安心です。ラーメン店に牛丼店、定食屋に寿司屋など日本の外食チェーンはバンコクに多数進出しています。豊かな外食環境のおかげでバンコク以上で食事について困ることはまずありません。 治安について バンコク市内の治安はそれほど悪くありませんがスリ置き引きなど軽犯罪を中心に日本に比べると多発しているので警戒は必要です。 治安の良い地域と悪い地域がはっきり分かれているので危険なエリアには絶対に近づかないでください。夜の外出も安全なのは一部の繁華街のみに限られます。日本と同じ感覚で生活するのは危険です。治安が良いとは言え外国生活である以上、自分の身は自分で守る覚悟が必要です。 まとめ バンコクの移住生活は日本人とって快適な条件が揃っています。現地事情をしっかり踏まえて楽しい移住生活をめざしてください。

  • 2019年10月30日
  • 2019年10月20日

50歳を過ぎたらリタイアメントビザで、生活費を抑えてバンコクで暮らしてみませんか

年金だけでは2000万円が不足する老後の生活  年金だけの生活では、2000万円足りないというニュースに衝撃が走った方も少なくないことでしょう。でも、よく考えたら解決法はとてもシンプル。徹底的に、支出を抑えて暮らしていくことです。生活費の安いところに引っ越して、衣食住のコストを下げれば、老後年金だけで暮らしていくことも夢ではありません。たとえば、月10万もあれば普通に暮らしていけるバンコクなどは、選択肢として考えてみる価値があると思います。 他国に比べてハードルの低いリタイアメントビザ  バンコクで老後を暮らすために必要なのは、リタイアメントビザを取得することです。近年どの国も移民の受け入れを厳しくする傾向にありますが、タイは比較的リタイアメントビザの取得が容易です。タイ国内からの申請の場合、必要な要件は主に3つです。1)50歳を超えていること 2)タイの銀行に80万バーツ(2009年10月時点で約286万円)以上の預金が申請時に3か月は預けられ続けていたこと、もしくは毎月の年金や給料の収入が6万5000バーツ(約23万円)以上であることを証明する書類を提出すること。またはタイの銀行預金と毎月の収入をあわせて80万バーツの資産があることを証明できること。3)これは最近の改正で決まったことなのですが、タイ国内での健康保険への加入が義務付けられました。通院時への保険金最大4万バーツ(約14万円)、入院時の保険金が最大40万バーツ(約143万円)のカバーがされる保険が最低ラインです。2019年10月31日以降の申請からこの保険加入が条件となりますが、異国での病院費用はたいてい膨大な金額を請求されることになりますから、必要経費と考えられます。この保証をカバーするため、だいたい年間10万円くらいの保険料が必要と見積もられています。 最大の難関であるタイ国内の銀行口座開設  この中で、問題なのは2)のタイの銀行での80万バーツの預金を証明することです。近年タイの銀行はマネーロンダリングの対策もあり、外国人旅行者への銀行口座開設を断ることが多いからです。以前は容易に開設できていた銀行も、労働許可証かコンドミニアムなどの賃貸証明書がない非居住者には厳しい態度です。2019年10月現在、口座開設のチャンスがあるのは三菱UFJ銀行傘下のクルンシィ銀行です。持参するものはパスポートと預け入れ用の現金のみです。 クルンシィ銀行はトンローなどいくつかの支店には日本語の話せるスタッフが配置されていますが、どの支店に日本語スタッフがいるのかは変更がありますので、ホームページでチェックしてから出かけたほうが良いと思います。他のスタッフも英語が堪能ですから、英語でコミュニケーションできる人はどの支店でも手続きできます。  この口座は残念ながら、利子がつかない、ATMからは預金が出来ず、支店のカウンターでのみ預け入れが可能などの制約があります。しかし一度預けてしまえば、ATMから引き出すこともできますし、晴れてリタイアメントビザ取得後は、通常の利子がつく、クレジットカード機能のあるデビットカードの発行が出来る預金口座に変更可能です。 バンコクでも屋台なら1食150円程度、家賃も中心部から少し離れれば3万円程度から部屋が借りられます。交通費も格段に安いバンコクでなら、日本にいる時より余裕をもって暮らすことが出来ます。ロングステイには相性もありますから、銀行口座開設も兼ね、一度現地に足を運んでみることをおすすめします。

  • 2019年10月28日
  • 2019年10月20日

仕事は見つかる?移住に欠かせないバンコクでの就職について

バンコクへの移住を考えるときに最大の問題になるのが「仕事」です。不労所得や年金収入があるならいいのですが、バンコクへの移住を検討しているほとんどの人は現地で就職先を見つけて働いて収入を得ることを前提にした移住を計画しています。バンコクは物価も安く移住向きの都市ですが仕事が無ければ生活できません。高収入とまではいかないまでもある程度余裕を持って暮らせるくらいの収入は欲しいところですが、バンコク移住者の就職事情はどうなっているのでしょうか。 現地で仕事を見つけるのは簡単ではない 最初に申し上げてしまいますが、現地で就職するのは簡単ではありません。好景気が続くバンコクの就職事情は悪くはありませんが、なんのツテもコネも無い日本人がいきなりバンコクに渡航してすぐ仕事が見つかるほど甘くはありません。 タイに限らず外国人が仕事を探すのは困難が伴います。とりあえず出国してから仕事を探せばいい、という考えははっきり言って無謀です。頼る人がいない現地で路頭にまよったら大ピンチです。くれぐれも甘い考えによる軽率な行動は控えてください。 日本でタイの仕事を探す   バンコクでの就職については日本にいるうちに準備を進めておくことをオススメします。バンコク移住者向けに現地での就職をあっせん、仲介している代理店があるので相談してみましょう。 日本人移住者向けの就職先としては日系企業の現地社員や日本人向けのサービススタッフなどが人気です。具体的には日系の飲食チェーンの店員や店長、日本人観光客向けのショップ店員やツアーガイド、日本人移住者を対象にした不動産会社や携帯電話のサポートサービスなど日本語しかできなくても働ける職場はたくさんあります。 面接はネット経由のビデオ面接で行われるので現地に足を運ぶことなく仕事が見つかります。 日本で就職、現地で生活 日本で就職して現地で生活すると言う選択肢もあります。物価の安いタイに企業がサポートセンターを設置するケースが増えています。日本からの問い合わせにバンコクにいるスタッフが対応することでコストを節約しているのですが、サポートスタッフは日本で採用されてバンコクに渡った日本人が担当しています。 日本水準の給料をもらいながら現地に移住できることで人気が高まっており、若い女性を中心にこの方法で移住する日本人は増えています。 バンコクで仕事を見つけて就職するには バンコクで仕事を見つけて就職するにはタイ語の語学力が必須です。言葉ができないと就職活動そのものができません。日常会話レベルの語学力は最低条件です。 ITスキルや調理技術など高度な専門知識や技能があると就職に有利です。強みになる特技がない人はかなりの苦労を覚悟しておきましょう。 現地で頼りになるのは人との繋がり、はっきり言えばコネです。現地人の知り合いや先輩移住者を頼れるなら就職の協力をお願いしましょう。

>タイ・バンコク駐在員の教科書

タイ・バンコク駐在員の教科書

バンコクで駐在員生活を送っている日本人によるブログです。タイ駐在時に自分が実際に体験をしてきたことをテーマに病気に関すること、買い物、初めての住居探しまで、タイ・バンコクで実体験をしてきたリアルライフをお届けしています。

CTR IMG